寝返りが打ちやすいのはいいことだけど・・・

ブレスエアー

 

ブレスエアーは反発が強い素材なので寝がえりがうちやすいのが特徴です。

 

寝返りが打ちやすいのはいいことですが、

 

必要以上に寝返りが増える可能性もでてきます。

 

 

そのわけは

 

 

寝心地が固いから。

 

 

固いと体のあちこちが痛くなりがちになります。

 

 

痛くなりがちになると、
その痛みを避けるために寝返りが増えるわけですが、

 

 

必要以上に寝返りが増えると、
腰や肩に負担が増えてしまいます。

 

 

負担が増えるわけは2つ。

 

  • 寝返りを打つにも筋肉をつかうから。
  • 単純に固くてその箇所が痛いから。

 

 

寝返りは血行を悪くしないために必須なこととも言われています。

 

 

でもそれは適度な回数の場合。

 

 

適度な回数以上に寝返りを打つと、

 

 

腰や肩の筋肉を必要以上に使うため、
返って負担がかかるというわけです。

 

わかりやすく言うと筋肉疲労みたな感じかな。

 

 

また、

 

 

固いと単純にその箇所を圧迫する感じになるので、
腰や方に負担がかかりやすくなります。

 

 

腰とか肩ってマットレスや布団の面に対して密着しやすい箇所なので、
固いとその部分が痛くなりやすくなる感じ。

 

 

個人的にもこの経験は何度もしたことがあります。

 

 

ブレスエアーではないですが、

 

 

固いマットレスやフローリング直に綿布団を敷いて寝たら、
腰や肩がめちゃくちゃ痛くなりました。

 

 

じゃあブレスエアーは腰痛マットレスとして使えないのか?というと

 

そうゆうわけでもないと思います。

 

 

マットレスが合う・合わないは人それぞれなので、
ブレスエアーで腰痛対策になる人はなると思います。

 

 

ここはあくまでブレスエアーのデメリットを書いたにすぎないって意味です。

 

 

硬めのマットレスが大丈夫な人は問題なさそうですね。

 

 

そういう人はブレスエアーもいいと思いますし、
モットンという腰痛持ちから人気のマットレスでもいいとおもいます

 

 

モットン

 

 

まあ1つ言えることは、

 

 

今までで硬めのマットレスを使った人の場合、
ブレスエアーは合わない可能性があるかもしれませんね。

 

 

そういった人は

 

しっかりとコイルスプリングが備わったマットレスを選んだほうがいいと思います。

 

 

その中でもさらに体圧分散が施されているものが合うかもしれません。

 

 

コイルスプリングで体圧分散が施されているマットレスで人気は

 

 

13層やすらぎマットレスと言って、
「空の上で寝るような感覚」を体感できるマットレスです。

 

 

と言ってもマットレスが合う・合わないはホントに人それぞれですよ。

 

13層やすらぎマットレス

 

トップへ戻る