高い!硬い!カイロプラクティックマットレスのメリット・デメリット

高い!硬い!カイロプラクティックマットレスのメリット・デメリット

腰痛持ちの僕はとてもじゃないけど使わない。

医者のイメージ写真

 

 

 

口コミを見るとなかなか評判が良い反面・・・

 

整体院の人も認めるといわれるカイロプラクティックマットレス。

 

このマットレスはとにかく硬いことが特徴ですよね。

 

そして実際に寝た人の口コミを見るとなかなか評判。

 

 

でも値段が高いのがネックで、
実は詐欺なんじゃない?って声も多くある。

 

 

僕は腰痛マットレスを色々見てきましたし、
今でも実際に使っていますが、

 

カイロプラクティックマットレスを簡単に解析すると以下のようなデメリットがあると思いました。

 

 

カイロプラクティックマットレスの2つのデメリット

 

1.まず硬さ。

 

 

確かに硬いマットレスは体がしっかり支えられていいのですが、
硬すぎると逆に寝返りをよく打つようになります。

 

 

必要以上に寝返りを打つ理由としては、、、

 

 

どこかしら痛い箇所があるからなんですよね。

 

 

寝返りは血行を良くするのにいいし、
体の歪みも整えてくれるといわれています。

 

 

でも必要以上に寝返りをすると逆に筋肉疲労につながり、
結果、朝起きたらダルい、体のあちこちが痛い、腰が痛いってことになりかねません。

 

 

個人的なことですが、

 

硬い場所で寝たら体の色んな箇所が痛くなりました。

 

 

2.高い値段。

 

カイロプラクティックマットレスは高いもので20万とかしますよね。

 

 

この金額を払ってもし自分に合わなかったら最悪です。(長年使うとへたることも考えないといけない。)

 

 

マットレスがその人に合う・合わないは人それぞれと思いますが、
少なくとも硬いマットレスが今までダメだった人には不向きかなという感じ。

 

 

体圧分散のほうが安くて腰痛にも良いと思う。

体圧分散を説明した図

 

多くの専門医から腰痛持ちに最もおすすめされているのが、
体圧分散タイプのマットレス。

 

体圧分散というのは名のとおり、
体の負担を全体に分散してくれるものです。

 

 

仮に通常のマットレスで腰に100の力がかかっているとしたら
体圧分散は30くらいになるということです。
(この数値はあくまでわかりやすく説明してるだけです。)

 

 

腰痛持ちの僕も体圧分散マットレスを使っていますが、
寝心地や朝起きたときの差は歴然。

 

もちろん、効く・効かないは人それぞれと思いますが。

 

 

なのでカイロプラクティックマットレスを使うなら
体圧分散マットレスのほうが優れていると思います。

 

 

体圧分散マットレスで腰痛持ちから特に人気なのがこの2つ

 

モットンというマットレスと
13層やすらぎマットレスというものです。

 

モットンは床に直接敷けますしベッドにもつかえて

 

13層やすらぎはベッド専用です。

 

両方とも20万円のカイロプラクティックマットレスより全然安い。

 

モットン

13層やすらぎマットレス

モットン


ホーム RSS購読 サイトマップ
モットン 雲のやすらぎ 腰痛マットレスランキング! 腰痛敷布団ランキング!