椎間板ヘルニアや反り腰…色んな原因と対策

フローリング直に布団を敷いている様子

 

フローリング直で布団を敷いて寝て起きると腰が痛い。。。こんな状態で朝起きて出勤するのはつらいですよね、、、。

 

では、「どうすれば腰痛の対策ができるか?」ここでは原因と対策を僕の体験と合わせて説明します。

 

 

 

自分の腰痛がどのタイプが把握する。

自分の体は本人が一番良く分かっていると思いますが、
もう一度自分の腰痛のタイプを確認しましょう。

 

また、

 

普段腰痛持ちではない人は、
自分が私生活でどんな姿勢になっているか確かめるといいです。

 

例→椎間板ヘルニア・反り腰・背骨が真っ直ぐ・背骨が丸く曲がっている。など

 

 

原因は色々ある

上記の内容を確認したら次はどの原因か知る必要があります。

 

僕の経験上、腰が痛い原因はいくつかあるので参考にしてみてください。

 

 

反り腰の人が固い布団(せんべい布団・ペラペラの綿布団)などで寝ている場合

腰の部分が空いた状態になるから長時間、腰に集中して負担がかかっている。

 

 

椎間板ヘルニアの人が柔らかい布団で寝ている場合

柔らかい布団で寝るため、腰・尾骨部分が沈む。そのため体全体のバランスが悪くなり、腰が痛くなる。腰が痛くなるどころか、体の疲れもとれないし、最悪の場合は、体のあちこちが痛く、もっとひどいときは目覚めると「腰・肩・首が痛くて頭痛の状態に。」←僕はこれでした。

 

 

僕の場合は「腰部脊柱管狭窄症」といって背中が丸くなり椎間板がつぶれる手前、つまり椎間板ヘルニアの一歩手前という状態です。

 

 

僕のように背中が丸くなってるタイプで柔らかい布団を使うと即アウト。

 

 

なぜなら腰が沈むから体全体のバランスがわるくなって腰痛になります。

 

寝るときの体のバランスが悪いので寝返りしてもアウト。

 

寝返りで肩や首を痛めてしまいます。

 

原因を書くとキリがないのでここではカンタンな例をあげました。

 

上記のような人や、近いものがある人は次の腰痛対策の項目を読むと改善できるかもしれません。

 

 

自分の腰痛のタイプで自分に合う対策をする。

 

「自分で合う対策」というのは、

 

 

例えば反り腰の人でもAさんとBさんの反り腰は微妙に違います。

 

また椎間板ヘルニアの人でもAさんとBさんでは微妙に違いますし、

 

人それぞれ体格・体重などもかわるので、あえて「自分で合う対策をする」と書きました。

 

 

ここでは反り腰のタイプ・椎間板ヘルニアのタイプの2パターンの対策を書いていきます。

 

(腰部脊柱管狭窄症は椎間板ヘルニアに似ているので同じ内容の意味とします。)

 

 

反り腰+固いペラペラ綿布団・せんべい布団または通常の布団で寝ている人の対策

 

腰の部分が空いて隙間ができている状態なので、
その隙間をタオルなどを丸めて埋めます。

 

 

このとき、腰がさらにグイっと持ち上がると余計に反り腰になる可能性が考えられるので、
自分の隙間に合わせてタオルの高さを丸めるといいです。

 

 

ただ、寝返りして横向きで寝るとタオルのせいでストレスになるかもしれないので注意が必要です。

 

寝返りをして快適にするなら下記の項目を読み進めるといいですよ(^^♪

 

 

椎間板ヘルニアでやわらかい布団をフローリング直で寝ている人の場合

 

上述しましたが、柔らかい布団で寝ると腰やおしりが沈むのでそこに負担がかかります。

 

そのせいで体全体のバランスが崩れて色んなところが痛くなりますよね。

 

 

そんなときの対処法の一つは、、、

 

 

なるべく腰が沈まない敷布団にすると改善に期待できます。

 

 

腰が沈まない=せんべい布団などの固い布団にするってのはあまりよくないです。

 

せんべい布団だと固くて腰を支えてくれる役割はあるのでまだマシにはなるのですが、
寝返りすると体が痛くなるときがあります。

 

 

体が痛くなるとやはり腰も意識してしまうので、なんだか体全体が痛くて寝ても疲労が抜けないな…ってなりがち、、、。。。

 

 

「じゃあもっといいのはないのか?」と疑問がでてくるわけですが「もっといい方法」はあります。

 

 

もっといい方法

 

もっといい方法は体圧を拡散してくれる敷布団で寝ることです。

 

 

体圧拡散してくれるので、体全体にかかる加重が横・斜めに分散してくれます。

 

つまり支持性があるので、一点だけに力がかかりません。

 

 

そのため、腰・おしり部分が沈む確率がグンと減りますし、

 

寝返りして横向きで寝ても体のバランスが整った状態になるので、
体のあちこちが痛くなる確率も大きく減ります。

 

とうぜん腰痛軽減の期待ができます。

 

実際に僕も体圧分散仕様にしたら腰の痛みは軽減しましたし、

 

肩こり、疲労、ぐっすり寝れるようになった!など色んな効果を実感しました。

 

 

ちなみに体圧分散の敷布団で有名なものは

 

 

雲のやすらぎ

 

 

マットレスの体圧分散で有名なものは

 

 

モットン

 

 

です。

 

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

 

トップへ戻る