腰痛にいいのは雲のやすらぎかムアツ布団かどっち?

 

雲・ムアツ共に腰痛対策に特化した敷布団ってことは間違いないのですが、
細かい機能面や管理面などを見ると違いがあります。

 

 

製法の差で寝心地度が変わる?!

 

凸凹したマットは「面」でなく「点」という部分は
ムアツ布団と雲のやすらぎともにそんなに差はない感じでした。

 

でも、雲のやすらぎは「独自のクロスクラウド製法」を採用していることからして、
体圧分散はこちらに利があると私は思います。

 

体圧分散敷布団は基本的に「点で体全体を支えて、点で逃がす」
というのが基本的なスタンスです。

 

でも雲のやすらぎの「独自のクロスクラウド製法」は、
点で支えてさらに横にも力を逃がします。

 

なので寝心地・腰痛に関しては
雲のやすらぎのほうが期待度は高いと思います。

 

雲のやすらぎ

 

 

3層構造と5層構造の違い

 

ムアツ布団の場合は3層構造で
雲のやすらぎは5層構造なんですね。

 

層がたくさんあろうがなかろうが
腰痛対策はそんなに変わりません。

 

ただ、5層構造の雲のやすらぎは、
オールシーズン快適に使えます。

 

春・夏に使うときは熱をこもらせないので快適に寝れますし、
秋・冬など寒い季節は高級羊毛が施されている面を使えば暖かいです。

 

これが5層のメリットってとこでしょうか。

 

  • ムアツ布団・雲のやすらぎともに体圧を分散
  • ムアツ布団は3層構造
  • 雲のやすらぎは5層構造
  • 雲のやすらぎはオールシーズン快適

 

厚みの差は歴然

 

ムアツ布団の厚みは9cmで雲のやすらぎは極厚の17cm。

 

厚みがあればいいってわけではないのですが、
雲のやすらぎをベッドに敷く場合は
ベッドマットレスが要らなくなるかもしれません。

 

また、厚みがあるのでフローリング・畳に直接敷いても
かなりよい寝心地が期待できますよ。
(カビ対策が必要になる。)

 

やはり厚みがあるほうが普通に考えて気持ちいいです。

 

 

管理面ではムアツ布団に利がある

 

ムアツ布団は畳やすくかさばりません。

 

雲のやすらぎは「たためない」と思ったほうがいいです。
さらに、かさばります。

 

ちなみにムアツ・雲のやすらぎ共に
部屋の中に立て掛けて干すというスタンスになりますよ。
(ベランダでは間違いなく干せない。)

 

結局どっちが腰痛対策になるの?

 

最初に書いた通りですが、
どちらも腰痛対策になるってことは間違いないです。

 

差がつくならばやはり細かい機能面でしょうね。

 

  • 腰痛・肩こり対策と普通の布団より寝心地を求めるならムアツ布団。
  • 腰痛・肩こり対策+寝心地の追求・疲労回復などをプラスして求めるなら雲のやすらぎ。

 

ムアツ布団の機能はすばらしいですが、
雲のやすらぎのほうが機能がもっといいように思えます。

 

腰痛持ちの口コミを見た感じでは
雲のやすらぎのほうが人気かなって感じですよ。

 

実際に腰痛・睡眠質・疲労感回復などに恩恵を受けた人がたくさんいました。

 

雲のやすらぎ

 

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

 

トップへ戻る