腰痛にいいのは高反発マットレス?低反発マットレス?

高反発マットレス

 

高反発マットレスは硬めなので、基本的に体が沈みにくい特徴があります。
物にもよりますが、腰痛持ちの人がマットレスを選ぶ際は、
高反発マットレスです。

 

専門家の意見でも、腰痛持ちの人が使うマットレスは高反発です。

 

中でも高反発マットレスのモットンという完全腰痛対策されたマットレスは、
寝返りがスムーズで普通のマットに比べて寝返りが楽にできるので
朝が楽になる傾向がありますよ(^^♪

 

■低反発マットレス

 

体にフィットして、包まれているような感覚になります(^^♪

 

でも体全体沈みます。
体がしっかりと沈み込むため、寝返りはしにくいです。。

 

寝返りがしにくいということは、
筋肉をかなり使っているので体の疲労が残ったりします。

 

さらに姿勢が悪くなり、腰にも負担がかかります。

 

低反発マットレスは包まれている感じですが、
高反発マットレスは沈み込みがなく、体のラインが崩れることなく
正しい姿勢でぐっすり眠ることが期待できます(^^♪

 

 

どちらが腰痛に適しているか?

 

上で書いたとおりですが、細かく書くと。。。

 

腰痛の主な原因は主に、
「背骨が正しい位置になっていない」ことなので、
寝ている間も、悪い姿勢を直すために、
体に合ったマットレス選びが重要です。

 

大柄な人など体重が重い人にも高反発マットレスが向いています。

 

高反発だと体重が重くても沈み込みが少ないので、
寝返りが楽にでき、筋肉に負担がかかりにくいですよ♪

 

体がマットレスに沈んでしまうと、
沈んだ部分に体圧が集中してしまい、
寝心地が悪いのはもちろん、血行も悪くなります。

 

男性と女性の違い

 

男性と女性では、
寝ているときの寝返りの数が違います。

 

筋力のある男性は、女性の倍近い寝返りをうっています。

 

男性に硬いマットレスを好む人が多いのは、
そんな所にも理由があるんですね。

 

高反発マットレスは、その反発力の強さが、
寝返りをうちやすくさせる効果もあるのです。

 

では、小柄でやせた女性は、
低反発マットレスが向いていると言えるのでしょうか?

 

答えはNo!

 

たとえ女性であっても、沈み込みが大きい低反発マットレスは
高反発マットレスと比べ、寝返りが大変で、背骨が正しい位置で維持できず、
腰痛改善には不向きと言えます。。

 

 

実際どうだったか?

 

■高反発マットレス

 

畳の上のような弾力に似ているので、
腰が沈みにくく背骨が正しい位置で維持できてるかなと。

 

高反発マットレスでも色々ありますが、
腰痛対策されたマットレスだと目覚めたときも、
スッキリした気分で起きることができました(^^♪

 

■低反発マットレス

 

柔らかくて包み込まれている感覚が癒されましたが、
やはり腰が沈むので腰痛対策マットレスに低反発は不向きかなと。

 

個人的には、眠りにつくまで、
どんどん沈み込んでいくような感覚に
ついついうっとりしてしまいます(^^;

 

ただ、私の寝相が良くなかったのか、
朝起きると腰と首に痛みがありました。。

 

もちろん人それぞれって部分もあると思いますが、
腰痛対策のマットレスを選ぶ場合は、
低反発より高反発マットレスのほうが向いていますし、
専門家の意見でも高反発が推奨されています。

 

高反発マットレスでおすすめは、
完全腰痛対策のモットンです。

トップへ戻る