キーポイントは「「乾燥・除湿」

外が乾燥している写真

 

マットレスのカビ予防は乾燥・除湿が決め手になってきます。

 

なので頻繁に乾燥させるとカビ予防につながりますよ。

 

というわけで乾燥・除湿させる方法の具体例を書いていきます。

 

乾燥させる方法

 

 

 

 

○定期的に風通しの良い場所でマットレスを立てかける。
マットレスを風通しのよい場所に立てかけている写真
※写真のマットレスは腰痛対策で人気のマットレス「モットン」です。

 

マットレスの種類と環境・汗をよくかく人で違いはありますが、
一般的に言われているのが、

 

ベッドの上にマットレスを敷いている場合は約2週間ごとに立てかけて乾燥させる。

 

フローリングに直接マットレスを敷いている場合は特に要注意で、
1日に1回は立てかけて乾燥させたほうがいいです。

 

個人事ですが僕はフローリング直でマットレスを敷いています。
(1枚下にミニカーペットを敷いてるけど。)

 

そして、マットレスを立てかける頻度は毎日にしています。

 

以前あんまり立てかけなかったために、
カビが生えまくった苦い経験があるからです(´・ω・`)

 

※注意点※

 

直射日光に直接あてないこと。

 

これはマットレスの素材によりけりと思いますが、
直射日光に弱い素材もあります。

 

まあこの世のほとんどのものは直射日光に弱いんですけどね。

 

なので、天気のいい日でも、
部屋の中でマットレスを立てかけたほうがいいと思います。

 

もちろん窓あけてしっかりと風を通してくださいね。

 

 

 

○布団乾燥機を使う。

 

ただし、布団乾燥機が使えないものもあるかもしれないので、
今使っているマットレスが使えるものかどうか確認をしたほうがいいですよ。

 

布団乾燥機を使う場合は、、
底面を表に返してから掛けると効果的♪

 

ついでですが、マットレスを長持ちさせるポイントは
上下・裏表をローテーションして使うとGood!
※マットレスの種類にもよる※

 

ちなみに楽天で値段がお手頃で大手メーカーのものが豊富でしたよ(^^)

 

 

 

○頻繁にお手入れできない場合の対策

 

マットレスの下に湿気取用シートを敷くと便利♪

 

正確に言うと除湿シートのことですね。

 

これなら日ごろ忙しかったりめんどくさい場合でも
お手入れの手間が「うん」と省けます。

 

とはいえ、やはり定期的に立てかけて乾燥させたほうがいいですけどね('ω')

 

ちなみに除湿シートは楽天でお手頃価格で販売していました。

 

 

 

○フレームやスノコを使えばお手入れしなくていいってホント??

 

フレーム・すのこを使っても
完全に湿気が抜けきることはない!

 

※使わないよりは余裕で湿気対策にはなりますけどね。※

 

なので、部屋の環境や発汗量に合わせ、
こまめなお手れをしたほうが無難です(´・ω・`)

 

すのこやフレームは楽天で種類豊富で売っています。
値段もわりと安いのがたくさんありましたよ(^^)

 

 

 

最初にも書きましたが、

 

マットレスの種類、住んでいる環境・汗をかく量などそれぞれなので
なんとも言えない部分がありますが、

 

基本的にはここで書いた内容を実践すれば、
マットレスのカビ予防・対策ができます。

 

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

トップへ戻る