高反発マットレスで肩こりするときの対策!

高反発マットレスで肩こりするときの対策!

枕が緩和のキーポイント!

肩がこった!

 

高反発マットレスで肩がこるパターンは2つあります。

 

  • 枕を使って肩こりになるパターン
  • 枕を使わなくて肩こりになるパターン

 

 

■枕を使って肩こりになるパターン

 

まず、高反発マットレスは枕と一緒の硬さでなければならない。
と専門家から言われています。

 

硬さが違う場合、
寝返りの際の腰部と頭の回転速度が異なり、
首や腰にねじれが生じて、
肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

 

なのでこの場合の対処法は

 

今使ってる高反発マットレスと枕の硬さを同じにすることです。

 

もちろんこれでも効果は人それぞれになりますけどね。

 

 

■枕を使わなくて肩こりになるパターン

 

まず、枕を使わなくて腰痛になるかどうかがポイントになってきます。

 

腰痛になる場合は上の対策を試してみましょう。

 

それでも痛い場合は、
マットレスが合ってない可能性があります。

 

腰痛の原因は冷えとかいろいろありますが、
ここはオーソドックスに書いておきます。

 

また、枕を使わなくて腰痛にならない場合は
枕を使ってないがために頸椎が支えれなく、
肩こりになる可能性が高くなります。

 

なので枕を使いましょうってことです。

 

 

じゃあどんな枕がいいの?

 

枕の選びかたは基本的に決まってないと医学的に言われています。

 

なのでもっとも正解に近いことを言うならば、

 

自分に合った枕を使いましょうってことです。
(上の条件は満たしてくださいね。)

 

まあ肩がこりやすい人は首もこってるかもしれませんが、
そういう人たちには基本的に低い枕がおすすめです。

 

高い枕だと、首が圧迫するので、
どのみち首周辺から肩まで緊張して痛くなるパターンがけっこう多いですよ。

 

これは僕もまさにそうでしたけど、
医学的にも同じことを言っています。

 

■まとめ

 

  • 今使ってるマットレスと枕の硬さを同じものにする
  •  

  • マットレス自体があってない可能性がある
  •  

  • 枕をなしの人は枕をつかう。
  •  

  • 肩こり・首がこる人の枕は低い枕

 

 

枕選びは、低くて高反発枕が正解に近いと思いますが、
枕が「合う」「合わない」が本当に人それぞれです。

 

参考までに

首こり 肩こり枕ランキング

 

マットレスは体圧分散された腰痛対策マットレスのモットンとか人気で
腰痛・肩こり持ちの僕も使って効果がでています。

 

ちなみに元プロ野球選手の山本昌さんも愛用してるほどですよ(^^)

 

参考までに

モットンのはこんな感じのマットレス

トップへ戻る