椎間板ヘルニアの人が柔らかい布団で寝るとなぜコシが痛くなる?

椎間板ヘルニアの人で柔らかい布団が腰痛になる原因と対策

柔らかい布団を敷いて腰が痛くなる原因と対策

腰が痛くて寝心地が悪い女性

 

柔らかい布団で寝る場合、2パターンがあると思います。

 

  • ベッドマットレスの上に敷布団を敷いて寝る
  • フローリング又は畳の上に敷布団を直接敷いて寝る

 

両パターン共通して痛くなる原因はずばりこうです。↓
柔らかい布団が腰に悪い根拠を表した画像

 

絵を見ただけでかなり辛そうです。

 

椎間板ヘルニアは神経に触って痛くなると言われるので、
その上さらに敷布団のせいで体のバランスが崩れると
筋肉に負荷がかかりっぱなしになるので
朝起きると、とんでもないほど痛くなりがちです。

 

痛くなる理由は、体の胸や腰に負担がかかっているので
筋肉が緊張した状態になり、寝ても回復していないようです。

 

わかりやく立っている時の姿勢で例えると。

 

↓長時間こんな姿勢で過ごすとどうなるだろうか・・・。
姿勢が悪い状態

 

これでさらに椎間板ヘルニアが重なるので、
もう地獄ですね。。。

 

なので椎間板ヘルニアに柔らかい布団はNGと考えられます。

 

個人事ですが、
僕はヘルニアの手前の腰部脊柱狭窄症です。

 

椎間板ヘルニアの痛みはわからないにしろ、
やはり柔らかい布団で寝ると腰部分が沈んで朝起きると辛かったです。

 

足がしびれたこともしばしばだったので、
柔らかい布団は危険と判断してやめました。

 

じゃあ硬い布団ならいいの?

 

硬い布団は腰を支えてくれそうなので
一見よさそうな感じはしますがダメです。

 

理由はせんべい布団で腰痛対策になる?で書いています。

 

 

キーポイントは体全体をバランスよく支えてくれる布団!

 

対策は体全体をバランスよくしっかりと支えてくれる
「支持性のある敷布団」なら腰痛対策になります。

 

支持性のある敷布団とは「体圧分散敷布団」と言いますが、
聞いたことがある人も多いんではないでしょうか?

 

体圧分散は腰痛に特化してくれます。

 

もちろん椎間板ヘルニアの痛みは病院で診てもらったほうがいいと思いますが、
薬、リハビリ、注射以外に自分で対策したほうがなおよいと思います。

 

それにはやはり体圧分散がおすすめ。

 

なんと言っても筋肉がしっかり休まりますからね(^^♪

 

筋肉が回復してもヘルニアの痛みはあるかもしれませんが、
筋肉の緊張による腰の痛みがグッと軽減されます。
(必ずしも完全に効果があるとは言えませんが。)

 

椎間板ヘルニアの人でも
朝までぐっすり寝れるようになったという人は多くいますよ(^^)。

 

体圧分散でも椎間板ヘルニアの人がよく選ぶものは
下の記事で公開しています。

 

ハッキリ言って、腰痛対策布団でも群を抜くと言っても過言ではないです。

 

 

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

 

トップへ戻る