腰痛に適した布団の固さなんてあるの?

猫背の人で布団で寝ると腰が痛くなる人に対して適した布団の固さがあればいいですよね。

 

布団で寝ると言っても、ベッドマットレスの上に布団を敷くパターン・フローリング・畳の直に布団を敷くパターン・フローリング・畳の上にマットレスを敷いてその上に布団を敷くパターンがありますが、これらに共通して布団の固さでまず避けたいのは「柔らかい布団」です。

 

猫背の場合は背骨がS字カーブになっていなくて背中が曲がっていますよね。曲がった状態で柔らかい布団で寝ると腰・尾骨部分が沈むからそこに負担がかかり腰痛の原因になります。

 

詳しくは「椎間板ヘルニアの人で柔らかい布団が腰痛になる原因と対策」を参考にしてください。

 

 

固いせんべい布団の場合はどうか?

 

柔らかい布団よりはまだマシになります。

 

ただ、せんべい布団でも柔らかいベッドマットレスの上にペラペラせんべい布団を敷いていては「柔らかい布団」で寝てるときとほとんど変わらないので、「柔らかめまたは普通の固さ」のベッドマットレスの上に固い布団を敷いても意味がないです。下の部分の支えが弱いので、腰部分が沈んで腰痛になる原因になると考えられるからです。

 

その一方、フローリンン直で固いせんべい布団を敷くと、「床がしっかりと体を支えてくれる」のでまだ腰が多少ラクな傾向に。でも寝返りして横向きにで寝た場合は寝心地が悪く、肩やそのほかの体の箇所が痛くなる可能性もあります。

 

詳しくは「フローリング直で布団で寝る時腰痛の原因と対策」を参考にしてください。

 

 

固くも柔らかくもない布団はどうか?

 

敷布団の下に柔らかい・普通の固さのマットレスを敷いて、その上に固くも柔らかくもない普通のタイプの布団を敷いてもあまり意味がないです。やはり腰の部分が沈む可能性があるので腰痛の原因になります。

 

じゃあ固めのマットレスの上に普通の敷布団を敷いたら大丈夫なのか?という疑問がでてくると思いますが、そこはなんとも言えません。

 

体に直接触れている敷布団が支えれてない状態になると考えられるので、この場合も腰が痛くなる可能性があります。

 

フローリング直に敷いたときも同じ。
結局、敷布団が体をしっかりと支えてくれないので、腰・尾骨部分が沈んでしまい、腰が痛くなります。床の直で普通の固さの布団で寝ると、寝心地も悪く、朝起きてもスッキリしない可能性もでてきます。

 

 

適した固さはあるようでない?

 

結局ここまでで、腰痛に適した布団の固さは「ない」と言うのが今回の結論です。(ないと言っても、人それぞれです。)

 

でも「少し視点をずらして」対策方法を考えると猫背の人で腰痛に適した布団というのはあります。

 

 

しっかりと体全体を支える敷布団が腰痛改善に期待できる

体全体をバランスよく支えてくれる敷布団で寝れば、腰痛改善におおきく期待ができます。体全体をバランスよく支えてくれる布団のタイプは「体圧分散敷布団。」

 

通常の布団だと支持性がないので、腰部分一点に負荷がかかり、そこだけが沈んでしまいます。腰だけ沈むと、当然腰が痛くなりますよね。

 

でも体圧分散なら「体にかかる負荷を拡散してくれる」ので、腰だけが沈むってことがなくなります。そのため腰痛改善につながりますし、しっかりバランスがとれた状態で寝るので、寝返りもラクで横に寝ても寝心地がいいです。よって、朝がスッキリする効果が期待できます。

 

 

ここまでのまとめ

 

  • 柔らかい布団は避ける
  • ベッドマットレスはやや固め以上にする
  • 敷布団は支持性のないものだと、どんな固さでもほぼNG
  • 体圧分散敷布団が腰痛にいい敷布団

 

 

ただ、こればかりはなんとも言えないとこがあるので猫背で腰痛持ちに適した固さは人それぞれともい言えるでしょう。でも、腰痛にいい敷布団は体圧分散敷布団ってことは間違いないです。


 

体圧分散敷布団と言っても色々。中でも腰痛に特化したものがあるのですが、詳しくは続きで。

 

続きを読む

 

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

 

トップへ戻る