反発力がすごいマットレスが腰痛対策マットレスになる!

腰痛におすすめのマットレス

 

腰痛におすすめのマットレスは体をしっかり支えてくれて、
比較的反発性が強い高反発マットレスです。

 

逆に低反発マットレスの場合は、
体が沈むので、寝るときの姿勢が悪くなるからおすすめできません。

 

個人事ですが、低反発で寝たら腰が異常に沈んで、
朝起きたら腰がどえらいことになりました。

 

姿勢が悪い状態だと筋肉が緊張しつづけるので
腰の筋肉がしっかり休まらず、
「朝起きたら腰が痛い」なんてことになるってことです。

 

低反発マットレスは腰痛におすすめできない

 

低反発は値段が安いものが多いので手軽に手に入れやすいのですが、
だからと言って腰が痛くなっては、結局使わなくなって損すると思います。

 

なので、腰痛におすすめのマットレスは
体をしっかりと支えてくれるものがいいですよ。

 

しっかり支えると言っても、
固すぎるものもダメです。

 

「固すぎるマットレス」というのはあまり聞いたことがありませんが、
固いもので寝ると、毎回同じ所に負担がかかるので
寝ている「面」に接している部分が痛くなります。

 

硬いマットレスは腰痛によくない

 

寝返りしても毎回接する場所が痛くなるので
寝ているときに脳が負担を回避しようとして
必要以上に寝返りをすることになります。

 

脳が反応するということは、可動していることにもなるので
眠りが浅くなって、朝起きても腰が痛い、疲労が回復しないなんてことになりますよ。

 

この場合、筋肉がしっかり休まってない意味にもなるので
腰の筋肉が回復しづらいです。

 

結果、朝が辛くて嫌になってきます。

 

個人事ですが、朝、腰が痛くてそのまま会社に出勤したことがあります。

 

腰が痛いので仕事に集中できなく、
やる気がないように思われたこともあります。

 

そのときは上司に「やる気がないなら帰っていいんだよ」と言われたので
僕は素直に帰っちゃった(笑)

 

これって上司からしたら悪い印象ですよね。

 

でも僕は、この時の上司のことが「神様」に思えました。

 

だってそのおかげで本当に助かったから(笑)

 

次の日、課長に呼ばれて大目玉だったけど。。。(苦笑)

 

まあ余談はさておき。。。

 

腰にいいマットレスはやはり高反発マットレスってことになります。

 

これは僕個人の経験した上でのお話ってこともありますが、
専門書でも専門サイトでも腰痛におすすめは
高反発マットレスと言われています。

 

高反発マットレスと言っても世の中にあふれかえっていますよね。

 

じゃあどんな高反発マットレスがいいか?

 

完全腰痛対策高反発マットレス!

 

腰痛にいい高反発マットレスのモットン。
(腰痛にいい高反発マットレスは横向きで寝てもバランスがいい。)

 

結論をいうと「モットン」という完全腰痛対策が施された
高反発マットレスがおすすめです。

 

高反発マットレスの特徴は寝返りがしやすい、
体圧分散に優れていることですが、
モットンはハッキリ言って別格と言い切れます。

 

まず他の高反発マットレスに比べて反発力がすごいことです。

 

反発力がすごいということは、腰痛持ちにとって硬さが理想で
寝返りにも負担がグッと軽減されます。

 

寝返りって結局、筋肉を使っているので、
これが軽減されるだけで筋肉がしっかり休まりますよ。

 

さらに、体の一個所だけ沈むってこともなくなるので
寝ているときの体にかかる圧力も分散されます。

 

腰痛持ちの人って大抵は腰が沈んだ状態になってますよね?

 

「腰が沈まなきゃいいのにな・・・」なんて思った人もいると思います。
(だから固い布団とかせんべい布団とかを使う人がいるかと思いますが。)

 

するとその箇所に負担がかかるのはもちろん、
体のバランスが崩れるので、結果、肩や首も痛くなったり
疲労感が抜けないってことになっています。

 

モットンは高反発の中でも反発力がすごいので
これらのことが改善できる確率がグッとあがるわけですね。

 

つまり、腰の負担を限りなく軽減させて、筋力も回復しやすくなるから
結果的に朝が楽になるってことです。

 

もちろん、こういった腰痛対策マットレスの上に
柔らかい敷布団を敷くのはNGですよ。

 

シーツをかけて直接寝るのがベストです。

 

そうすれば腰に最大の恩恵が受けられる確率が
グッとあがりますよ。

 

ちなみにモットンは元プロ野球選手の山本昌さんも愛用しているマットレスです。

 

腰痛対策マットレスのモットンはこんな感じ

トップへ戻る