整形外科医やスポーツ選手が納得の腰痛敷布団・マットレス

1位

雲のやすらぎプレミアム
雲のやすらぎプレミアム

評価4.5

  • 腰痛対策布団
  • 腰の専門家「整形外科医」も納得の構造
  • 相撲の千代丸関も大満足で愛用中
  • まるで浮いてるような寝心地
  • 分厚いから底付き感なし
  • ダニアレルギー対策
  • へたらない99.9%復元
  • 日本製
  • 布団セットあり
  • サイズ:シングル・セミダブ・ダブル
  • お得なキャンペーン中
  • 返金保障100日間

↓雲の上の寝心地↓

雲のやすらぎ

 

2位

モットンマットレス
モットン

評価4

  • 腰痛対策マットレス
  • 柔道整復師の先生からもオススメ!
  • 元プロ野球選手の山本昌さんも愛用
  • 日本人の体型に合わせて設計
  • 身体をふんわり押し上げてくれる反発力
  • 硬めの高反発マットレス
  • 厚み10cmで底付き感なし
  • 畳・フローリング・床に使える
  • ベッドマットレスと重ねて高さアップ!(ベッドから降りるときに腰が楽)
  • へたりにくい
  • サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
  • 90日間返金保証

↓寝返りGood↓

モットン

3位

13層やすらぎマットレス
13層やすらぎマットレス※別格※

  • 常識を変える高反発マットレス
  • 整体師先生も認めた快適構造
  • 超極厚ベッドマットレス
  • 寝心地が雲の上に寝てるくらい気持ちいい
  • 寝具にうるさい人も納得
  • 高級マットレスランキング1位の実績あり
  • 体に負担がかからない
  • 安眠・快眠・熟睡!
  • 疲労回復に特化
  • サイズ:シングル・セミダブル・ダブル
  • 60日間返金保証

↓とにかく気持ちいい↓

13層やすらぎマットレス

4位

ブレスエアーファイン
ブレスエアーファイン
  • 硬すぎず適度な弾力
  • 有名人が宣伝
  • 3つ折り敷きタイプあり
  • 体圧分散
  • 腰痛対策に特化

5位

西川のムアツ敷布団
西川のムアツ敷布団
  • 定番で有名
  • 体重圧を分散
  • 種類が色々あるから迷う
  • 値段はピンキリ

5位

マニフレックスの敷布団

マニフレックスの敷布団

  • かなり有名
  • 体をしっかり支えてくれる
  • 敷布団というよりマットレスに特化
  • 腰痛敷布団としてはイマイチかも

 

効果は人それぞれです。

 

腰痛布団の選び方

さて、腰痛布団で人気なものを紹介しても、そもそもどんな布団やマットレスが腰に良いか悪いかが疑問になると思います。

 

また、楽天などで布団を探すと商品が「ダーーー」っと並べられていますよね。
種類が沢山ある中で結局どれを選べばいいかよくわからないと思います。

 

ここからは、腰痛歴10年で布団やマットレスのことを長年研究してきたボクが腰痛布団の選びかたについて説明していきます。

 

 

硬い・柔らかい・へたった腰痛布団は腰に悪い!


「硬い布団」は腰が当たり、痛くなる。
硬い布団が腰痛になるイメージ

 

「柔らかい布団」は腰が沈み、変な寝姿勢になるから腰が痛くなる。
歪んだ姿勢になると言ったほうが早いかな。
柔らかい布団が腰痛になるイメージ

 

「へたった布団」は言語道断。
布団が体を支えれてないので、寝姿勢が悪くなって腰が痛くなります。
また、腰だけでなく、ひどい人は肩こりはじめ、体のあちこちが痛くなります。

 

腰に悪い布団でも、なるべく腰に負担をかけないようにする寝方


先ほど、硬い・柔らかい・へたった布団が腰痛に悪いと書きましたが、それらの布団でもなるべく腰に負担をかけないようにする寝方はあります。

 

なるべく腰に負担をかけないようにする寝方については、全国各地域の整体院の先生が推奨す「腰の痛みを少しでも和らげる寝方」をいくつかピックアップしたので、まずはそれを試してみるのもいいかもしれません。
効果は人それぞれだと思いますが、「腰が痛いのは布団が原因なんでは?」と思う人に参考になると思います。

 

腰痛の寝方YouTube整体院動画まとめ

 

腰への負担を減らしてくれる布団は"体圧分散"


体圧分散の特徴

 

体圧分散とは、体にかかる負荷をバランスよく分散してくれることです。
ようするに腰だけが沈むこともなく、腰だけが当たることもなく、体全体をバランスよく体圧してくれるということです。
※硬さは布団によって多少違う。

 

また、寝心地は「背中を下からグッと押し上げる感覚」なので腰の負担を減らしてくれます。
下からグッと押し上げるので、寝姿勢はよくなり腰に良いと言われています。

 

体圧分散は医師からも推奨

体圧分散は、睡眠医療専門医の内田直教授も良い寝具の条件と言っています。

マットレスの反発力の違いが筋肉にどのような影響を与えるか研究した結果、高反発は低反発よりも寝返りしやすいことが示されました。

 

寝返りのしやすさは、睡眠効率改善につながることが期待されます。さらに体圧分散が優れていることが良い寝具の条件です」

 

NEWSポストセブンより引用


また、整形外科ペインクリニック院長の佐々木先生は、「体圧を点で分散させることにより、腰、首、肩の負担を軽減」と言っています。

 

さらに整形外科医院長の神田先生、同じく整形外科医院長の磐田先生も、このページのランキング1位の「腰痛布団雲のやすらぎプレミアム」の公式サイトで同じようなことを言っています。

 

雲のやすらぎプレミアム公式サイト

 

体圧分散でも「一体型」のものを選ぼう


先ほど腰痛対策の布団は「体圧分散がいいよ〜」と書きました。
しかし注意点があります。

 

それは、体圧分散の布団でも「一体型」のほうが良いことです。
一体型とは三つ折りになってないものです。
つまり「折り目がない布団・マットレス」のことを言います。

 

例えば、西川の体圧分散布団は3つ折りタイプのものがあります。
折り目がついている布団は折り目部分が悪さをして体圧分散の働きをしません。

 

折り目部分がちょうど腰の位置だったらどうなるでしょうか?
「体圧分散されていない」と言っても過言ではありません。

 

実際ボクが整体師さんから聞いた話ですが、3つ折り布団やマットレスは「体圧分散の効果が発揮できないよ〜」>と言っていました。

まあ普通に考えても折り目部分は切れているから体圧分散されるわけがないと考えられます。
なので体圧分散の布団を選ぶときは、折り目のない一体型のタイプを選んだほうが良いということです。

 

 

ただし、収納性は3つ折りできるタイプのほうがいいと思います。

 

 

それから、体圧分散の「高反発マットレス」が良いですよ。
高反発は反発性があるので、寝返りが打ちやすく、血行低下予防にもなります。

 

逆に低反発は、腰が沈みっぱなしになって腰痛の原因になります。

 

※効果は人によると思います※

 

 

結論、腰痛布団は「体圧分散 + 高反発マットレス」ですね。
この条件にピッタリ合ったマットレスは、このページのランキング2位の「高反発マットレス モットン」です。

 

ニトリの高反発マットレスは本当に腰に悪い?


ニトリの高反発マットレス
ニトリの高反発マットレスは値段がリーズナブルで買い求める人は多いと予測できます。

 

しかし実際に腰痛歴10年のボクがニトリの高反発マットレスで寝たら、次の日の朝、腰に地獄のような痛みがきました。

 

「これでは仕事が行けない・・・」

 

このことから推測できることは、ニトリのマットレスは、過去に一度も腰の痛みを気にしたことがない人、寝るときになんらかの痛みや寝苦しさを気にしない人で価格重視の人なら問題ないかと思います。

 

だがボクのように、腰・肩・頭痛・寝苦しさ・夜中に目が覚めるなど、なんらかの苦痛がある人には、値段重視というより、腰痛対策・快適構造といった機能性がある高反発マットレスのほうが良いと言えます。

 

安いマットレスはどうしてもコスト削減のため、良いコイルや良い素材が使われてない傾向がありますからね。

 

腰痛歴10年のボクからすると、正直、3万円以下のマットレスは問題外と思っています。
たしかYAHOO知恵袋のカテゴリマスターも同じようなことを言っていました。。
(次の日痛くて仕事に影響がでた。)

 

※ニトリのマットレスは種類がたくさんあります。

 

新商品もラインナップしやすいことから、一番いいのはお店に行って自分の体にしっくりこればOKだと思います。

 

なので必ずしもニトリのマットレスは腰に良くないということではありません。

 

ここではボクの腰痛の経験上のお話を書いているので、嘘とかそういった批判を目的とした幼稚な内容ではありません。
上の内容は1つの参考例としてとらえてもらえるとよいと思います。

 

楽天の腰痛敷布団を選ぶ4つのポイント


「布団の種類がたくさんありすぎて判断が難しい・・・」

 

楽天は腰痛布団・マットレスのリストがたくさんあるので色々と見れて便利な反面、逆にどれを選べばいいかわからないと思います。
楽天の腰痛布団リストは、東洋紡・西川の布団・テンピュール・ブレスエアーなどなど大手企業のものから有名なもの、また、コスパの良し悪しなどいろいろあって迷うと思います。

 

 

そこで楽天の腰痛布団を選ぶ4つのポイントを紹介します。

 

 

  1. 体圧分散と書かれている布団
  2. 敷布団が一体になっている(3つ折りではない)
  3. 値段は3〜5万円以内のもの (シングルサイズの場合)
  4. 1万円以下の腰痛布団はしょぼい確率が高い

 

 

1と2に関してはすでに書いたとおりです。

 

布団の値段に関しては、「安すぎず高すぎず」って感じが腰痛歴10年のボクはベストかな自身の経験上思います。

 

値段がそこそこで腰痛に優れているのはだいたい3万円〜5万円がおおいですね。(シングルで)
※2万円台の腰痛布団はあまり見たことがないので省きました。

 

安い腰痛布団を選ばないほうがよい理由

 

例えば東洋紡は東証一部上場企業で歴史ある会社だから信頼性はバツグンです。

 

あくまで想定ですが、大企業は大量生産をして市場にモノを流したいので、どうしてもコストをおさえようとしてきます。
コストをおさえると、当然大量生産をしていない専門的な会社に比べて布団の機能が劣ると考えられます。

 

なぜなら専門的な小規模の会社は、コストを抑えて大量生産をやる戦略ではなく、コストをかけてじっくり作り上げる傾向があるからです。
ようするに「職人」って感じですね。

 

 

また、大企業は市場に流す時点で厳しい品質チェックはクリアしてるので問題ないと思います.。
しかし今回は「腰痛」ということで、布団・マットレスを選ぶ場合、「職人さんが丁寧に一枚一枚作った良い寝具」を選んだほうが得策ともいえます。

 

もちろん東洋紡の布団が悪いって言ってるわけではないですよ。

 

あくまで体圧分散の機能性を考えたら「職人さんがつくった布団」のほうが良い寝具と言えると思います。
※効果は人によると思います※

 

ただ、職人さんが作った布団・マットレスの場合、体圧分散が徹底されている反面、値段が高くなる傾向があります。
なので腰痛敷布団は体圧分散があるのを条件として、あとはコスパで選ぶか機能性を選んで少々高いものを選ぶかになります。

 

ちなみにこのページの腰痛敷布団・マットレスランキング1位・2位の商品はシングルで39800円します。

 

 

腰痛歴10年のボクが楽天の腰痛布団を見ましたが、腰痛対策として使うなら、楽天の布団より次の項目で載せている布団・マットレスのほうがはるかによい感じはしました。
なぜなら圧倒的に布団の構造が違いますし、口コミも良いからです。

 

人気メーカーに勝る腰痛マットレスと腰痛敷布団のカンタン比較♪

 

13層やすらぎマットレス・・・腰痛のベッドマットレスとして評価が高い

13層やすらぎマットレス

 

  • 「寝具にこだわりがある、快適・快眠さを求めている。」
  • 「睡眠の質を上げて昼間の眠気を改善させたい。」
  • 「体のあちこちの痛みをなんとかしたい。」
  • 「腰・肩の痛みを少しでも和らげたい。」

 

これらの悩みを見事に解決してくれると言っても過言ではないのが13層やすらぎマットレス。

 

 

実際の口コミでも今のところ「低評価が1件もない」というもんだからこれにはボク自身も驚いた。
口コミサイトではなく、他のランキングサイトに一部低評価があったが。。

 

13層やすらぎマットレスは本当に寝心地がよく快適さはみんなが納得している。
実際に腰痛歴10年のボクも13層やすらぎマットレスで寝ていますが、寝心地は「別格」の一言しか言葉がない。

 

寝返りも打ちやすいし。
これが「ダメだ」って人はそう滅多にいないと思います(^^)

 

13層やすらぎは高級部門のマットレスで値段が高いけど、「寝具にこだわる人、ぐっすり快適を求める人かつ腰痛対策したいと思う人」には本当におすすめの高反発ベッドマットレスと言えます。

 

  • 寝心地 : シモンズなどの高級マットレス並(とにかく気持ちいい)
  • 耐久性 : めちゃくちゃ頑丈だから少なくとも10年はいける感じ
  • お手入れ : 重いので少々手間がかかる
  • 安心の日本製
  • サイズ : シングル / セミダブル / ダブル
  • 価格 : 98000円(税込)〜
  • 60日間の返金保証あり

↓別格の寝心地↓

13層やすらぎマットレス

 

おすすめの高反発マットレス モットンはこんな感じ♪

モットン

 

腰痛持ちから絶大な人気を誇っている高反発マットレス。
モットンはマットレスですが敷布団変わりにも使えます。

 

実際に僕は300日以上使いましたが、口コミ通りの物と言えるでしょう。
硬めのマットレスで寝がえりが打ちやすく腰に負担がかかりにくい。
マットレスが軽いから管理しやすい。

 

さすがにこれを使ったからと言って世の中の全員が腰痛が今より楽になるってことはないと思いますが、数多くの口コミでは「腰痛が楽になった」という人のほうが圧倒的に多いです。
また、腰痛だけに優れているわけではなく、体圧分散のおかげか、「疲労回復、肩こり」の悩みにも応えてくれました。(個人的には実感しました。)

 

それから、体重別に硬さが選べるので、その人に適した硬さが選べる。
モットンは元プロ野球選手の山本昌さんも愛用してる腰痛マットレスです。

 

  • 寝心地 : まあ良い。体が支えられる感覚
  • 耐久性 : 10年は持つ感じ
  • お手入れ : 外に干さなくていい。軽くてラクチン♪
  • 中国製だが品質は良い
  • サイズ : シングル / セミダブル / ダブル
  • 価格 : 39800円(税込)〜
  • 90日間の返金保証あり

↓こんな感じの物(^^)↓

モットンジャパン

 

敷布団ではやっぱり雲のやすらぎプレミアムが人気♪

「雲のやすらぎで気持ちよさそうに寝る女性

13層やすらぎとモットンは「マットレス」だが、雲のやすらぎプレミアムは「敷布団」です。

 

雲のやすらぎプレミアムが良い理由は、口コミの評価が高いのことが1つ。
多くの腰痛持ちの人が以前よりマシになったと好評。

 

さらにTVでも紹介されたこともありますし、睡眠医療専門医・整形外科・ペインクリニックの先生も推奨している。
医師推奨のおすすめの敷布団と言える。

 

敷布団なのにマットレス並に厚みがあり、しっかりと体を支える体圧分散という構造のおかげで寝心地に優れ、今でも人気の勢いが止まらないほど。
寝心地重視の腰痛敷布団と言った感じです。

 

  • 寝心地 : 少し柔らかめでフカフカしてい気持ちいい
  • 耐久性 : 10年は持つ感じだが人による
  • お手入れ : 大きめだから少し手間がかかるかも
  • 安心の日本製
  • サイズ : シングル / セミダブル / ダブル
  • 価格 : 39800円(税込)〜
  • 100日間の返金保証あり
トップへ戻る