特注枕か首こり解消の六角脳枕か

寝て起きたら毎日ひどい首こりで辛いですよね。そんなときに首こりが解消する枕があれば助かります。

 

多くの人に合う首こりの解消枕はありますが、枕が合うか合わないかは人それぞれになりますが、最善策としては自分だけの枕を特注して作ったほうがいいです。ただ、特注の場合はどうしても高い金額になるのがデメリット。

 

特注以外で、値段もそこそこで、首こりにいい枕と言えば「六角脳枕」が有名です。

 

六角脳枕については、六角脳枕のレビューまとめページを参考にしてみてください。

 

今まで首こり、首痛、頭痛で悩まされていた人たちが六角脳枕で寝たら以前に比べてグッとラクになった実績があります。

 

念のため書きますが、100人中100人が首こりが解消するわけではないですよ。首こりが解消する確率がグンと上がると思っていたほうが無難。

 

枕の高さと横向きで寝たとき

通常の枕の場合、仰向け時の枕の高さはタオルなどで調整してなんとかなりますが、寝返りをして横向きになったときに肩が入ってくるので枕と頭の位置(高さ)が大きく変わりますよね。そのため、仰向けではしっくりしていたが、横向きの場合、しっくりしなくなります。

 

しっくりしないと言うことは、首に負担がかかり、横向き寝の場合はほとんど緊張している状態になるんですね。ついでに言うと、肩も痛くなるし、ひどいときは腰も痛くなって体中が痛くなるときもあります。

 

横向き寝に関してはこちらの「横向き枕」のページを参考にしてください。

 

六角脳枕がなぜ首こり解消につながるか?

首こりが解消するには、仰向けのときと横向き寝のときの両方の状態でしっくりくる位置に頭があると解消できる確率があがりますが、六角脳枕がまさに両方しっくりくる枕。

 

枕の高さは低めで、ちょうど寝るときのバランスを保ってくれますし、横向きで寝ても特殊な構造(凸凹構造)になっているので、寝返りしても頭と肩だけが移動するようになっているんですね。

 

そのため人の体に一番いい位置に高さがくるので首の緊張は緩和しますし、肩もいたくなりません。ただ、このページで何度も記述したとおり、100人中100人が緩和するという意味ではありません。

 

これは私の解釈ですが、以前、整体師の先生に「ストレートネックの人は低い枕がいい」と言われたことがあります。六角脳枕は低い枕なのでとくにストレートネックの人にしっくりくる枕と言えます。

 

六角脳枕の詳細
六角脳枕の口コミ

 

他にも首こり緩和に役に立つページがあります。

トップへ戻る