枕と敷布団が合ってはじめて本領発揮!

寝て起きたら首が痛くなる原因は枕の高さが合っていないときがほとんどですが、実は敷布団にも問題がある場合もあります。

 

基本的に枕は敷布団があってのものなので、敷布団で寝ているときのバランスが悪ければ、首こり解消できる枕を使ったり枕の高さをタオルで調整してしっくりさせても首がこって痛くなるときがあります。

 

例えば支える力がないへたりきった綿布団や柔らかい布団の場合、腰の部分が沈んでしまいます。腰は首とつながっていてバランスを保ってくれる役割があるので腰と首はセットで考えたほうがいいでしょう。

 

腰部分が沈むと、背骨本来のS字カーブが不自然になりますよね。そのため腰痛にもなりますし、身体全体のバランスが崩れると首のバランスも悪くなるので、たとえ首こり解消枕を使っても首がこったり痛くなったりするわけです。

 

しっかりと体全体を支えてくれる支持性がある敷布団で有名なタイプのものは「体圧分散敷布団」。

 

体圧分分散についてはこちらの「体圧分散敷布団とは」を参考にしてみてください。

 

しっかりと体全体をバランスよく保ってくれる役割があるので、本来の背骨の姿勢を保ってくれます。背骨が本来の姿勢と言うことは当然首もバランスがよくなるので、敷布団を変えるだけで枕本来の役割をし発揮させてくれます。

 

ただ、枕と敷布団も相性があります。

 

例えば腰痛対策敷布団で人気の「雲のやすらぎ」という体圧分散敷布団がありますが、その敷布団に合う枕は「六角脳枕」というもの。※六角脳枕のことは「横向き枕」のページが参考になります。

 

こんな感じで、枕を改善したら敷布団も改善しなければ首こり解消対策になる可能性が低くなってしまいます。

 

詳しくは下記のページが参考になります。

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

 

トップへ戻る