首痛+最強の偏頭痛を克服した僕のお話。

毎日イブを6錠飲んでいました。

 

毎朝首が痛くて痛くてどうしようもなかった僕は、
毎日のように偏頭痛もひどく吐き気もしてとにかく辛かったです。

 

(信じられないかもしれませんが、ほぼ毎日、頭痛薬のイブを6錠飲んでました。。。がくっ。)

 

こんな辛いなら「首を交換してほしい!」「いっそのこと楽になりたい・・・」と何度も何度も思ったほどです。

 

さらに自律神経がやられていたせいか、憂鬱気味になったり、感情的になったりすることも多かったです。

 

 

とにかく辛いし、憂鬱や感情的になる自分が嫌だった。

 

なのでこの状態をなんとかしようと、整形外科・ハリ治療院に通った。
また、首痛の原因をつきとめるため、専門書を買って読み漁りました。

 

 

整形外科でもらった首の緊張をとる薬と首痛の専門書

 

一応今も定期的に病院に通っています。

 

この前、整形外科(ペインクリニックがあるところ)で首に神経ブロック注射を打ちました。

 

首痛と偏頭痛に一番効いたのは神経ブロック注射。
(あくまで個人の感想です。)

 

注射を打ってからは、めっちゃくちゃ楽になっています!
※枕の改善と併用※

 

 

憂鬱を改善しようと思って買った本2冊

 

憂鬱気味・無気力な自分が嫌だったので買ってみた本。

 

読むと一時的ではありますが、
行動したくてムズムズしてきます。

 

この本のおかげで僕は気力をとりもどせました。

 

■首が痛い人にあえておすすめをする本

 

首は絶対にもんではいけない!

 

内容が読みやすく、わかりやすくまとめられていました。

 

首の緊張をとる体操なども紹介されていて
とても役に立った一冊です。

 

 

 

なまけもののあなたがうまくいく57の法則

 

読むと何か行動を起こしたくなります。

 

無気力だった僕でも部屋の掃除をして今では習慣になってるほど。

 

読んでからはスポーツも定期的にやるようになり、今では心と体が充実しています。

 

ここまでの内容で、僕が首痛人間ってことはわかっていただいたと思います。

 

 

そして、今では首の痛みがかなり緩和して片頭痛の頻度もグッと減っています。

 

そのおかげのせいか憂鬱にならなくなりました。
また、感情的にもなることもありません。

 

 

ということで、「起きたら首が痛い!」を改善した方法を今から全部書いていきます。

 

この気持ちは本当に痛いほどわかるので僕のすべてを全部だしきります!

 

 

 

枕と敷布団が合ってないと首が痛くなる

 

寝てるときに筋肉がずっと緊張している状態になっています。

 

筋肉が緊張している=筋肉に負担がかかっている。

 

 

睡眠は本来、体の回復のための行為と僕は思います。

 

つまり、寝ているときに筋肉が緊張していると、回復していないということになります。

 

今回の場合は、回復どころか、首に負担がかかりっぱなしなので、寝ておきたときに首が痛くなるということです。

 

 

少し医学的なことを言うと、筋肉に負担がかかると血行が悪くなって、酸素、栄養素が筋肉に行き届かなるようです。

 

そうなると疲労物質の乳酸がたまって筋肉がカチコチになるわけです。

 

ちなみに、カチコチになった筋肉は「痛い」ですよね。
その「痛い」という信号を脳が探知して、首から後頭部辺りにある交感神経を刺激するようです。

 

そしたら偏頭痛になります。

 

 

 

 

 

■ダメな枕

 

首が痛い人は高い枕で寝るのはNGです。

 

人それぞれということもありますが、枕が高いと首に負担がかかる確率が高くなるからです。

 

特にストレートネックの人は要注意。

 

 

 

 

 

■低い枕はいいの?

 

枕が合う、合わないは人それぞれ。
なので低い枕が「正解」とは言えません。

 

しかし、高い枕よりは低い枕のほうが個人的には首痛・首こりが改善しました。
これは、整体院の先生からのアドバイスを受けて実践したことですけけどね。

 

 

仮に低い枕を使ったとして、枕が合わないときは、枕の下にタオルなどをいれつつ自分にフィットする高さに調整するといいと思います。

 

 

僕の場合、以前は、枕なしかタオルをくるくる巻いて自分にフィットする位置にしていますよ。

 

今では「めりーさんの高反発枕」という高反発枕で首痛の悩みは消えましたが。

 

めりーさんの高反発枕の口コミ※3ヶ月使った結果※

 

自分に合ってるとやっぱり朝の首の痛みが軽減されますね。

 

 

 

 

 

まとめると・・・

  • 寝ているときに首に負担がかかるから痛い
  • 高い枕は首に負担がかかる可能性が高い
  • 基本的に低い枕がいいが人それぞれ
  • 低い枕の下にタオルを入れて高さ調整する
  • 枕を使わないのも一つの手
  • タオル・敷パッドをくるくる巻いて高さ調整
  • めりーさんの高反発枕を使って首痛の悩みがなくなった

 

 

こうすることによって、首への負担が軽減される確率がグンとあがる!

 

結果、朝起きたら首が楽になりますよ。
※効果は人それぞれと思います。※

 

 

まさに奇跡!首痛を軽減できた1つの方法!

 

ペインクリニックで「トリガーポイント」という箇所に神経ブロック注射を打ったことです。
※僕は整形外科でペインクリニックがあるところに行きました。

 

神経ブロック注射の役割は、人間が持つ本来の回復力をとりもどすことらしいです。

 

 

僕は医者ではないので、詳しい医学的な論理や効果効能のことは書けません。
しかし、自身の体験として言うならば効果抜群でした。

 

今まで首痛と偏頭痛に悩まされてたのが、4回打った時点でほとんどなくなりました。(効果は持続している)

 

もっと言うならば、ウソのように偏頭痛がなくなりました。
(偏頭痛と首痛のトリガーポイントはそれぞれ違う)

 

 

なので個人的に思うことは、一度整形外科のペインクリニックがある病院を受診して、首に神経ブロック注射刺して筋肉の緊張をとったほうがいいかなと思います。

 

でも、首に注射刺すのは「ちょっと心配」かもしれません。
※もし病院に行ったら医師の指示に従ってください。

 

 

なのでまずは枕で改善できるか試して、それでもダメなら神経ブロック注射をするのがいいかもしれません。

 

僕は枕の改善と神経ブロック注射で首が楽になりました。

 

※病院に行くか行かないかは自己責任でお願いします。

 

 

整体師の先生に「首痛は腰からの影響もある」と言われました。

 

首が悪い人は腰も曲がっている可能性があります。
そのため、寝姿勢が悪く、首・肩・腰が痛くなっている人も多いようです。
(整体師の先生に言われました。)

 

 

なので、敷布団・マットレスも改善の視野に入れるといいと思います。
寝具を腰痛対策用にしたら、もっと快適になるかもしれません。
※安物でいいものはないので注意※

 

ついでに疲労も回復しやすくなるので一石二鳥(^-^)

 

ボクは、「めりーさんの高反発枕」と「モットン」という最強の腰痛マットレスにしてから、朝がグッと楽になりました。

 

モットン

人気の腰痛対策マットレス

 

 

以下のページも見ると首痛等がラクに!

 

トップへ戻る