リラックスウレタン素材の枕で人気と言えば・・・

リラックスウレタン素材の枕で人気と言えば・・・

リラックス素材+睡眠の質UPに期待!

リラックスウレタン素材の枕

 

リラックスウレタン素材の枕で人気なのはYOKONEという枕。

 

まあ素材のことはすでにわかっていると思うので割愛しますが、このYOKONE枕はかなり使える枕と言えます。

 

 

まず名前の通り、横向き寝で正しい姿勢で寝ることができるので、朝起きたときの疲れが取れやすくなる。

 

 

横向き寝で正しい姿勢っていうのは、本来睡眠時の正しい姿勢が「横向きで寝ること」が条件となってきます。

 

仰向けだと気道が狭くなり、無呼吸症候群になったり「いびき」をかきやすくなる。。。

 

つまり睡眠も浅く、起きても寝た気がしなかったり、昼間も眠たくて眠たくて仕方ないという状態になりやすくなるわけだ。※絶対ではないけど※

 

なので基本的に横向き寝で寝ることがまず正しい姿勢で寝れる第一歩となるわけだ。

 

 

ただ、単純に横向きで寝ればいいってものではない。

 

横向きで寝ても枕が悪ければ肩が痛くなったり腕がしびれたりするであろう。僕も何度も経験した。

 

つまり適当な枕の場合、正しい横向き寝ができないということです。

 

 

そこで役に立つのが今回のリラックスウレタン素材の枕、「YOKONE」。

 

 

まず横向き寝の理想の寝方を見てみよう。
横向き寝の正しい寝方

 

こうやって寝ることにより4つの効果が期待できる。

 

  • いびき軽減
  • 無呼吸症候群対策
  • 腰痛も楽
  • 睡眠の質UP!

 

もし正しい姿勢で寝てこれらの効果がでたら私たちの体はどうなるか?

 

  • ぐっすり寝ることができるから朝が楽
  • 日中の眠気もひどくならない
  • 朝起きたときの腰の痛みがマシになる
  • 集中力がアップする

※効果を保証する意味ではありません※

 

まあ相乗効果として普通に考えたらこんな感じになるだろう。

 

もちろんそのほかにも肩こり、首こりなども楽になるかもしれない。

 

 

じゃあこうやって寝ればいいんだな?というとそうゆうわけにいかないのが現実であって、

 

さっきも書いた通り、適当な枕を使っていては話にならない。。。

 

特殊形状で東洋医学に基づいた特許の筋金入りの「YOKONE枕」を使うことが絶対条件になる。

 

他の柔らかい枕や適当な高反発枕を使っても、正しい横向き寝にならないわけだ。

 

その理由はさっき書いた通りで「特殊な形状」かつ低反発枕でないといけないから。

 

つまり「YOKONE」じゃないと正しい姿勢で寝るのはかなり難しいと言える。

 

難しいという無理ですねきっと。。。他の枕をつかったら結局、腕がしびれたり肩をこったり。。。

 

 

なのでリラックス素材の枕でおすすめは「YOKONE」ということになります。

 

YOKONEは口コミでも評価が高く、今最も人気の枕と言っても過言ではない。

 

 

実際僕も買って使っているのですが、頭・首・肩・腰にやさしかったからもっと早く買えばよかったと少し後悔したところ。

 

とは言え、あくまで枕だから最終的に合うか合わないかは人それぞれだとは思います。

 

 

が、リラックスウレタン素材で東洋医学に基づいた安眠枕はYOKONEが人気で睡眠の質が上がる期待はできる。

 

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」

トップへ戻る