枕そのものをやめて、毛布や敷きパッドを枕代わりに!

枕の高さをタオルで調整してもなかなか自分にしっくりくる高さにならないですよね。仮に一時的にしっくりなったとしても寝返りなどを打つとタオルが崩れたります。

 

私もストレートネックですが、やはりタオルで高さを調整してもなかなかうまくいかなくて、ひどい首こりや首が痛くなったりしていました。

 

なのでタオル調整はやめて、もっと大きなもので対策をしていますよ。たとえば冬なんかは毛布で高さを調整したり、夏は敷きパッドなんかを使うわけですが、これらのほうがタオルに比べて面積が大きいので崩れにくいです。

 

寝返りしてもタオル比べれば全然マシ。

 

毛布や敷きパッドで高さを調整するときは、徐々に折りたたむかくるくる巻くかです。
※枕そのものをやめて、毛布や敷きパッドを枕にしちゃいます。

 

折りたたむ方法と巻いて高さを合わせる方法

折りたたんで高さを合わせると、寝返りしてもずれにくくけっこうしっくりきます。

 

また、くるくる巻いて高さ調整すると、ストレートネック改善枕のように、首に巻いた部分を載せれるので首がカーブになって気持ちいいです。

 

ただ、巻いて高さを合わせる方法で長時間寝るのはおすすめできません。なぜなら、けっこう首が圧迫されるんですね。巻く場合は寝る前の3分くらい首のストレッチ程度で試したほうがいいと思います。

 

私は敷きパッドを巻いたまま首をのせて朝まで寝たことがありますが、あまり快適ではなかったですし、やはり首に圧迫感を感じるので、しっかりと睡眠をとった気がしなかったです。

 

オーソドックスに調整するなら折りたたむ方法。これなら面積が広くて寝返りしなく、朝までしっかりと寝れます。

 

それでもうまくいかなくて首が痛いときは

上述した方法でも首こりになるときがあるので、どうしてもひどいときは毎日しっかりとストレッチをしつつ枕を変えてみるといいですよ。

 

ストレートネックの人でどうしても枕の高さ調整がうまくいかない人で朝首がこったり痛くなる場合は首こり解消枕のページを参考にしてみてください。

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

 

トップへ戻る