枕で肩こりになる原因

枕が悪くて肩こりになるのは本当か?

あまり知られていないのが枕と敷布団の関係

枕が悪くて肩こりになる原因はたくさんありますが、その中でもあまり知られていないのが枕と敷布団の関係です。

 

敷布団と枕はセットになってはじめてその効果を発揮するので、枕がよくても敷布団が悪ければ肩こりになる原因になります。もちろん今の枕がなんかしっくりこない場合は問題外ということに。。。

 

寝ているときに背骨のバランスが崩れると…

例えば寝てるときに腰の部分が沈んでしまっている場合。腰部分一カ所だけ沈んでしまうと、背骨(背中)が今まで通常のカーブになっていたバランスから違うバランスになってしまうんですね。

 

背骨のバランスが悪いと体全体に影響がでてきます。変なバランスをとると余計なところに負担をかけたまま寝ることになるので、肩はこりますし、首や腰も痛くなっています。

 

腰が沈む敷布団ということは、その布団に支える力(支持力)がないんですね。支持力がないと、寝返りしても通常のバランスを保てなくなるので、もっと肩こりになりますし、痛くなります。肩こりで頭痛になる人は頭痛にもなります。実際私も頭痛になるときがありました。

 

バランスを保ってくれる敷布団

バランスよく保ってくれて支持性のある専門のものは体圧分散敷布団ですが、これなら肩こり対策に特化しています。しっかりと支持性がありバランスを保ってくれる役割があるので、寝返りしても寝心地もいいですよ。

 

ただ、冒頭でも書いたとおり、枕と敷布団はセットではじめてその効果を発揮します。敷布団か枕のどちらかを改善しただけでは、根本的に肩こり改善につながりません。

 

最適な枕

枕は寝返りしても頭と肩だけが移動する人間にとって最適な枕がおすすめ。

 

頭痛になる人は冷やす効果があるものが一緒になっているものが特におすすめですよ。頭を冷やすと血流の膨張がおさまるので、冷やすものがいいです。私は偏頭痛持ちですが、痛いときは患部を冷やしています。個人的には少量のカフェインを摂るより全然効果がありました。

 

まとめ

  • 枕と敷布団はセットになってはじめて効果を発揮する
  • 敷布団は体を支えてくれてバランスを保つ「体圧分散敷布団」がおすすめ
  • 枕は頭と肩だけが移動する人間にとって最適な枕がおすすめ
  • 頭痛になる人は冷やす効果がある枕も同時に備わっているものがよい

 

枕は頭と肩だけが移動する人間にとって最適な枕+冷やす効果がある枕と言えば六角脳枕が口コミで有名です。→詳細はこちら

 


ホーム RSS購読 サイトマップ