肩こり解消枕

肩こり解消枕の選び方

横向き時に自分の高さにフィットする枕が肩の緊張を緩和させる!

肩こり解消枕は自分にとって一番いい高さに調整される枕が最適です。

 

高さがフィットすると、寝返りして横向きで寝ても肩に負担がかからなく、肩の緊張を緩和させてくれます。

 

当たり前と言えば当たり前ですが「自分にとってちょうどいい高さの枕ってあるの?」ってことが問題になってきます。

 

寝ているときに肩こりになる原因は、だいたい「寝返って横向きの姿勢」で長時間寝ていることが原因の一つなので、横向きになったときにフィットするような枕にすれば改善が期待できます。

 

仰向けのときに枕の調整はできるけど、同じ枕で横向きも調整ってなかなか難しいですよね。

 

でも、今の世の中は物にあふれている時代なので、嬉しいことに横向きに最適な枕はあります。

 

これについては、「横向きで寝たときの最適な枕」が参考になります。→首痛について説明してるページですが、肩こりの場合も同じ意味合いです。

 

実は枕だけでは肩こり解消を目指すのはむずかしい。

肩こりの原因は枕だけが悪いと思いがちですが、実は敷布団にも問題があります。

 

寝ているときに肩こりの原因になるのは「横向きの姿勢になって肩に負担がかかり緊張して肩こりになる」ということを書きましたが、これは敷布団にも大きくかかわってきます。

 

もし、先ほど書いた「横向き枕に最適な肩こり解消枕」を使ったとしても、敷布団に体のバランスを保つ支持性の力がない場合は、結局背骨のバランスが崩れて肩に負担がかかってしまいがちです。

 

枕と敷布団はセットになってはじめてその効果を発揮すると言われているほどなので、いくら肩こり解消枕を使っても、敷布団が悪ければ改善に至らない可能性が高くなってきます。

 

もちろん、枕だけでも十分効果を発揮する期待ができますが、やはり敷布団とセットで考えるほうが、より改善につながります。

 

支持性のある敷布団とは「体圧分散敷布団」のことです。

 

体圧分散でも色々あるのですが、これについては「体圧分散敷布団とは」が参考になりますよ。

 

肩こり解消枕を選ぶ3ステップ
  1. 枕と敷布団の関係
  2. 横向きで寝たときの最適な枕
  3. ↑首痛について説明してるページですが、肩こりの場合も同じ意味合いになります。

  4. 体圧分散敷布団とは

 

このページを見た人はこんなページも見ています。


ホーム RSS購読 サイトマップ