横向きで寝ると肩こりになる原因と対策

横向きで寝ると肩こりになる原因と対策

体のバランスが崩れている。

背骨でほとんどバランスを保ってくれている

横向きで寝ると肩こりになる理由として考えられる原因の一つは「寝る姿勢でバランスを保てていない」ということがあります。

 

それが仰向け・うつ伏せ状態ならまだマシなのですが、問題は「横向き寝」の場合。

 

ただでさえ、肩が敷布団に当たるので長時間その体勢で寝ることはできません。ずっと同じ姿勢だと、肩・腕が圧迫されて、あまりいい気分ではなくなりますよね。

 

人間の体のバランスは「背骨でほとんどバランスを保ってくれている」ようなものなので、背骨のバランスが一個所でも崩れると体全体のバランスが崩れるので、当然、肩にも負担がかかってきます。

 

その原因は、バランスを保つ力がない敷布団に問題があります。

 

バランスを保って肩こりを軽減する敷布団って?

じゃあ、横向き状態で体のバランスを保って肩こりが軽減される敷布団なんてあるの?と疑問がでてくると思いますが、「確実に軽減される敷布団はない」と私は考えます。ただ、「軽減される可能性がグンと上がる最適な種類の敷布団」ならあります。

 

体のバランスを保つと言うことは、しっかりと体全体を均等に支えてくれる敷布団。いわゆる「体圧分散敷布団」ってことになります。※最近この言葉をよく目にしますが※

 

体圧分散敷布団なら、体の負担を均等化してくれますし、人間本来のバランスをしっかりと保ってくれる支持性があります。余談ですが、体圧分散布団でおすすめは「雲のやすらぎ」という敷布団です。

 

雲のやすらぎが肩こりにいい理由

 

これなら背骨のバランスを保てるので、寝返りしても体の負担は拡散してくれるんですね。

 

拡散してくれるってことは、体全体の負担が軽減されますし、当然、肩こりも軽減してくれる期待ができます。

 

ただ、やはり横向きになるときは枕も関係してくるので注意が必要。

 

敷き布団と枕はセットになって「はじめてその効果を発揮」しますからね。

 

ようするに、体圧分散敷布団なら横向きで寝ようが仰向けで寝ようが、しっかりとバランスを保ってくれるので体の負担がグンと軽減してくれるってことなので、肩こりも解消させる施策と考えられます。そして、枕も重要な要素の一つになってくるといいわけです。

 

まとめ

  • 寝る姿勢がバランスを保てていない
  • 問題は「横向き寝」
  • 体のバランスを保って寝るのがポイント
  • 確実に軽減される敷布団はない
  • 軽減される可能性がグンと上がる最適な種類の敷布団ならある
  • 体の負担を均等化する体圧分散が肩こり解消に王手をかける
  • 敷き布団と枕はセットで本来の効果を発揮する

 

 

肩が痛いと、柔らかい布団にしよっかなと考えてしまうのですが普通ですが、柔らかい布団だと、余計に体のバランスを崩してしまう可能性があるので、避けたほうが無難。


 

このページを見た人は以下のページで肩こりを解消させています。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ