慢性疲労の回復方法

慢性疲労は簡単なストレッチで回復!

体と心が疲れていませんか?

筋肉の緊張

寝ても寝ても疲労が回復しない人は毎日カンタンなストレッチをして回復させるのも一つの手。

 

ストレッチをすると体の緊張が少しは和らげます。

 

例えば、激しい運動や筋力トレーニングをする前・した後にストレッチをやると、ストレッチをやらないときに比べて疲労の回復力が違います。

 

この場合は乳酸などがたまるので、それをほぐすことにより筋肉の疲労が抜けやすいということですが、普段、運動をしていない人の場合は、運動不足のため、知らず知らずのうちに体がこわばって緊張している可能性があります。

 

筋肉が緊張状態になっていると体全体の血流もわるくなり、なにかと調子が悪くなりがち。ここでは医学的な根拠をあえて書きませんが、実質的に体の調子が悪くなりやすくなると思います。

 

なので、日頃からカンタンなストレッチを少しでも取り入れて、毎日続けると筋肉の緊張を緩和させてくれるので、今よりは体のコンディションがよくなり、寝ても疲労が回復しないって悩みが改善できます。※もちろん一つの手段にすぎません。※

 

ストレスも原因

それに、ストレッチは心が疲れているとき(ストレス)にも効果的。

 

寝ても疲労が回復しない原因はストレスにも問題がある場合があります。体と心が疲れていると、寝ても寝ても回復しずらいです。何か嫌なこと(例えば会社のストレス)などを考えながら布団に入った場合、結局眠りが浅くて寝不足とかでてきますしね。そうなればほとんどの確率で寝ても疲れはとれません。少なくともの僕の場合はそうでした。

 

体はこわばって緊張状態で血流が悪い。日頃のストレスで眠りが浅い。。

 

ストレッチには、上述した感じで疲労を回復させる効果もありますし、心が落ち着いてリラックス状態にしてくれる効果もあります。

 

慢性疲労の可能性があるから…

例えば僕の場合ですが、下記の本なんかを見てストレッチを取り入れています。
疲れをとるストレッチが載ってるいる本

 

この本がいいか悪いかは別として、今の時代、疲れがとれるストレッチはたくさんあるので、もしあなたが「軽くストレッチでもやってみるか」と思った場合は、自分に合ったカンタンなストレッチからはじめるといいと思います。

 

寝ても疲れが取れない人は慢性疲労の可能性があるので、それに適したストレッチをやるといいですよ。それに適したと言っても、学生のころにやったカンタンなストレッチ程度でOK!

 

いきなりハードストレッチはやらない

注意したいのが、ハードなヨガのポーズとかをいきなりやらないことです。

 

いきなりハードなことをやれば、脳が「ストレッチ=辛い作業」と認識してしまいます。普通、辛いことを好んでやる人は少ないと思います。辛いと感じたら続かなくなってしまうので、最初はホントに超カンタンなものを一つ実践したほうが継続的観点から見ると効果的ですよ。

 

経験に基づいた手段で公開しました。

僕の経験上、医学的根拠を示したもので疲労回復の改善を試しても「なんだかんだ言って改善したためしがなかった」し難しくてよくわからないので、自分の経験に基づいて効果があったことを今回のテーマとして内容を載せました。

 

そして一番効果的なことは、カンタンなことをとにかく継続させることです。

 

この記事を読んだ人は以下のページも参考にしています。


ホーム RSS購読 サイトマップ